親友の結婚式

親友の結婚式

親友の結婚式に行ってきます。

彼女との出会いは10年前。

高校の入学式。

公立中学出身の彼女は、小中高と一貫した女子高では、少し浮いていました。

「気が強そう?」

「遊んでそう?」

「荒れてそう?」

そんな目で見られることも彼女は多かったようです。

でも、授業は真面目。

テスト勉強も一生懸命やっていました。

授業が終わると一目散に帰る彼女を、周りは「遊びに行くんでしょ」

と冷ややかな目で見ていました。

でも、違ったんです。

偶然、某シティホテルで、私が家族と食事をしていた時のこと。

ウェイトレスとして、彼女がいたんです。

うちの高校バイト禁止なのに!?

私が目を丸くしていると彼女は

「先生の許可はとってるから!」とジュースを置くふりをして、私の耳元に口を近づけて囁きました。

キスされるかと思ったー!

と同性なのにドキドキしてしまったり…。

数日後

「あの子の家って、スナックなんだって!ぼろぼろなの!お父さんはいないらしいよ!」

だれかが、そんな噂をしました。

スナックと聞くとお菓子を連想してしまうような家の子ばかりでしたが、同時に、飲み屋というイメージは低俗な、汚らしいものだったようです。

たちまち、彼女への無視が始まりました。

お弁当の時間も、教室移動の時間もひとり。

「私そうゆうの、やだから。昔いじめられて悲しかったから、自分はやらないって決めたんだ。」

と珍しく(?)私は、大胆な行動に出て、彼女と一緒に過ごすようになりました。

さばさばした彼女とすごすのも楽しかったです。

家の家計が苦しくて、生活費の足しにする為にバイトをしていることも知りました。

ある日

彼女への無視はぴたりと止みました。

彼女が

「私の母親は、飲み屋をやってる。だから何?あんたたちなんて、親の脛かじっているだけじゃん!親からの価値観で、他人を軽蔑して、無視するなんて恥を知りなさいよ。」

とクラス全員の前で言い切ったのです。

正論。クラスの子たちも考え直したようです。

彼女は、高校卒業後、国家試験に受かり、今は某官庁務めです。

「母をしっかり支えなきゃね。」

といって一生懸命働いていましたが、先月、職場結婚をしたのです。

一生お幸せに!!

脱毛裏ワザ脱毛 東京

母親と子供

最近私の身内の1人がこの世から旅立ちました。

旅立って行ったのは私の従兄弟のお父さん、私のおじさんです。

この従兄弟の家族は父・母・姉・妹の4人でとても仲が良かった記憶があります。

でもお父さんがいなくなってから、この家族は一気にバラバラになってしまいました。

旗から見たら「仲の良い」ドラマの中に出てくるようなお洒落で美男美女の家族でした。

小さい頃から国内旅行や海外旅行に良く行っているようで、お金に不自由しているようには見えませんでした。

おじさんは車を何台か乗り回すほど仕事が順調そうで、歳をとる度にお洒落になるし貫禄が増して行きました。

おばさんは元々すごく美人でそれでいて気さくだし良く話をするタイプだったので

常にみんなの人気ものでした。

姉妹もおばさんに似ていてとても美人でした。

お姉さんの方は頭が良く大学を卒業後は海外留学をしてバリバリ働いているかと思うと、会うたびに綺麗になっていました。

妹さんの方は「スポーツ万能」でスタイルがとてもよかったです。

顔が小さくて目が大きくて小さい頃は男の子みたいでしたが年頃になって久しぶりに会うとすごく美人になっていました。

私は子供の頃からこの家族を最強の家族だと思っていました。

いつ会ってもお洒落で素敵な家族だったのです。

でも状況は一遍してしまいました。

おじさんは浮気をしていたそうです。

仲の良さそうな家族に見えても実際はそうではなかったようで、

この四人は親戚の集まりの時にいつも取り繕っていたことを後から聞かされました。

話を聞いた時は「世の中こんなことがあるのだろうか・・・」とびっくりしました。

おばさんは精神安定剤を飲まなければ寝る事も日常生活も送れないほどの状況で

つい先日お姉さんを弁護士に頼んで「家族から除外」してしまいました。

お姉さんは美人だったのでそれだけモテタこともあり、旦那さんがいましたが交友関係は自由奔放なタイプでした。

おじさんの浮気が発覚してからお金の問題へと広がり、

人を信じられなくなったおばさんは自由に楽しんでいるお姉さんを憎むようになってしまったそうです。

お姉さんにした仕打ちに対しておじさん方のおばあさんは激怒しました。

「大事な孫に何をする!」と大喧嘩です。

この大喧嘩でもってこの家族の実態があばかれてしまったわけですが

世の中一体誰を信じればいいのか、私はさっぱり分からなくなってしまいました。

この世の中で誰にも邪魔されずにただ普通の幸せを手に入れることは

簡単なようでほんとうに難しいことなのかもしれません。