高校の友人

高校の友人

高校時代の友人の結婚式に参加してきました。

結婚したのは、田舎の公立高校時代のいわば、「ワルトモ」の子です。

彼女を祝福しに、授業中に学校を抜け出したり、授業をさぼったり…そんな先生を怒らせることばかり、つるんでやってきた仲間が、久しぶりに集まりました。

卒業以来…7年ぶりの子にも何人も会いました。

皆、元々のパーソナリティの上に、様々な経験を上書きした感じ。

その人のことを、知っているけれど、知らない要素が含まれている感じ。

知っている人なのに、知らない人のような感じ。

高校卒業後は、上京して、いわゆるお嬢様大学に通い、真面目な仲間と関わっていたせい?

今の私は、婚約にあたり、妻業をちゃんとこなせるように…と、マナー・プロトコールを学び、行儀作法、ゴルフ、言葉づかい、ペン習字、茶道、着付け、語学…とお稽古漬けになっています。

高校時代のマックに通っていたときの自分から、変わったんだな、と思いました。

皆のように足を投げ出したり、大声で騒いだり、下品な食べ方をしたり…しなくなった自分に気がつきました。

「え、そんなに大口を開けて食べるの?!みっともなくない!!??」

と心の中で叫んだりしてばっかり。

当時の友人たちと一緒にいても違和感があり落ち着かない。

高校時代は、最も居心地のよい場所だったのに。

でも。

「素敵な方向に、成長したね。」

と褒めてもらえたのでよしとしましょうか。

自分が成長した証拠としましょうか。

今の、25歳の仲間と人間関係が最高で、高校のときよりも今の自分の方が100倍大好きだから。

なにより

高校時代の友人のことも、大好きだなって、改めて思えたから。

たとえ、下品でも。

騒々しくても。

教養のない会話ばかりでも。

それでも、高校時代を沢山一緒に笑い合った相手だから。

3次会で、彼らとの想い出話に笑い転げました。

「ああ、こんな風に高校時代、笑っていたな。」って思い出しました。

高校時代の友人との出会いに感謝です。

また彼らに会いたいです。

アウディA4セダン

私の秘密

私は世田谷育ちの社長令嬢です。

大学卒業後はオーストラリアに留学。帰国後は某大手通信会社に勤務していました。

こつこつと努力を続けて今では年収600万円以上。

私は3歳の時から子役モデルをしていたことがありますが、親の希望で本格的な活動は辞退していました。

私はモデルのような美人というわけではありませんが、留学した時に留学斡旋会社のキャンペーンガールに選ばれ、

久しぶりにテレビに出たりポスターになったりしたことがあります。

私は会社ではお嬢様と思われています。

確かに育ちを考えればそうと言うことも出来ます。

でも私には秘密があるのです。

それは「実はほとんどお金を使わない」という秘密なのです。

周りには浪費家だと思われていると思います。

私はブランド物のバックを愛用しているからだと思います。

ブランド物といっても「ヒロフ」や「トッズ」や「ゴヤール」です。

超高い物というわけではありませんが、実はこれらは1つを除いて

あとは「オークション」で購入したものなんです!

中にはサンプル品として3000円で購入したものもあります。

何を隠そう私は「いかに物を手頃に手に入れるか」という事が大好きなんです。

自分自身ブランド物にはそれほど興味がありません。

お洒落なものは大好きです。おいしいものも大好きです。

同じものを食べるならクーポンを使います。

でも会社ではそんな私の実態は秘密にしています。

「お嬢様」だと思われることはまんざらではないからです。

逆にこの私の変わった趣味は主人と家族以外には誰にも言ったことがありません。

親友はみんなお金持ちなのでこういう類の話になりませんし、

彼らも逆にブランド物に興味がないようなので、独自の好きなブランドを愛用して

物を大事にしている人が多いと思います。

育ちのいい人の方が意外と浪費家じゃないのではないか!?と最近思うようになりました。

私は結婚して主人から誉められました?

「こんなにお金を使わないと思わなかった」

私には最高の誉め言葉です。こんな女いいのか悪いのかは賛否両論だとは思います。

でも意外とちゃんと計算する私は結婚してからも1年で100万円は貯金しています。

少しでも主人を楽にさせてあげたいからです。

私は化粧品は1年に1回か2回くらいしか買いません。1年で1万円くらいだと思います。

今年の夏は節約して少し余裕ができたので半分は貯金しますが、半分は海外旅行に行こうと思います。

こんなお金の使い方はいかがでしょうか。