夏見舞い

夏見舞い

夏見舞いの葉書を書きました。

丁寧な字を書くぞ~と、気合いをいれて、義理の両親宛に。

切手も凝ったものにしようと、地元の花の写真の切手にしました。

言葉は何にしようかな~。

「夏見舞い」「夏の御挨拶」「大夏」

といろいろありますが、迷った挙句、「夏のご挨拶申し上げます」にしました。

義理の両親が紹介してくれた鍼灸院に通っていることも一言書き添えて投函しました。

この鍼灸院は、私が冷え症に悩んでいると話した時に紹介してもらったところです。

足先・背中にホットストーンを置いて温めてもららいながら、体の各つぼに針を押して行ってもらいます。

針は3cmほどで、糸のような細さ。

そのため、痛みは全くありません。

だんだん自分の体がほぐれていくのがわかります。

温かさからも、心地よくなってきて眠りに陥ってしまうこともしばしば。

終わった頃には、体がポカポカして、体の循環がよくなっている感じがします。

紹介してくれた義理の両親に感謝。

数年前、義母に初めてお会いした時のこと。

太陽のように明るくて、気配りのできる義母に憧れ、感動してしまいました。

「こんな人に私もなりたい!!!」

と心の底から思ったものです。

皆に愛される義母は、他人の為に親身になって一生懸命になれる人間でもあります。

体調が悪い人には、どうしたらよくなるか一緒に考え、紹介できるものは(決して押し付けるのではなく)紹介しています。

私にも、ここの鍼灸院を紹介してくれたのでした。

そんな義母が「近年まれにみるよいお嫁さんなのよ。」と話していた(親戚のお嫁さん)Oさんは、とっても筆まめ。

義母に会うたびにお礼の葉書を出しているそうです。

「私も義母に よくできたお嫁さん って言われたい!義母に好かれたい!」

と強く願う私も、ペン習字を習い始め、葉書を書くようになりました。

食事を御馳走になった際に、お礼状を送ったところ、褒めていただき涙が出そうになる位喜んでしまいました。

その際、私はうっかり「平成23年」と書いてしまったのです。

今は24年なのに・・・。

青ざめて義母のお返事の手紙を開けると、そこにも「23年」と書いてありました。

これは気遣いか?天然か?

いまだに聞けないままでいます。

N-ONE 値引き

浴衣を着て花火

先日3年ぶりに浴衣を着て花火を見に行きました。

私は浴衣が大好きでこの日は朝からワクワクしていました。

私が初めて浴衣を着せてもらったのは幼稚園の時です。

夏のお遊戯会の為に白い浴衣を着せてもらいました。

それ以来私は浴衣が大好きでほとんど毎年着ていたと思います。

小さい頃は自分ひとりでは着ることが出来なかったのでいつも母に着せてもらいました。

妹は私と違って「男の子」みたいな性格で活発な子供だったからか

「浴衣は着たいくない!」とぐずっていたのを覚えています。

普通だったら浴衣を着ることを子供は嫌がりますよね。浴衣を着ると窮屈だし動きにくいです。

でも私はそんな浴衣が大好きで仕方がありませんでした。

私は高校生になってからも浴衣が大好きでしたが

「夏の間の数回しか着られない」ことを残念に思っていました。

そこで私は「浴衣を着るアルバイト」をすることにしたのです。

毎日アルバイト先に行くと浴衣に着替えました。

1人で着れるようにならないといけなかったので、この時に1人で浴衣を着ることを覚えました。

私が大学生だった時、私の浴衣好きを知って父が浴衣を買ってくれました。

家まで行商さんが来て本格的な浴衣を買ってくれました。

今年でその浴衣も10年目になりますが大切に着ています。

この浴衣を買ってからはこの浴衣しか着なくなりました。

たまに「ピンク」とか「薄いブルー」なんかの浴衣を着たくなるときもありますが

父が買ってくれた浴衣がとっても良い浴衣だったので他の浴衣を横に並べて比較すると

安物にみえてしまって、結局父の買ってくれた浴衣を着てしまいます。

浴衣を着ることで私は1ついつも困っていた事がありました。

それは「私の背が低い」ことです。

普段私は背が低いので7センチヒールを愛用しています。

でも浴衣の下駄はヒールが無いので「背が低くなること」がずっとコンプレックスでした。

でも今年は違います♪

去年の静岡の旅行でたまたま見つけた厚底下駄を購入したからです。

「せっかくいい浴衣なのにこんな下駄でいいのか?」と言われそうですが、

私はゴキゲンです♪

そんなオニューな下駄を履いて私は花火を見に行きました。

今年はとっても暑かったです。

私は途中でカキ氷とたこ焼きと焼きそばを食べました。

金魚すくいをしたかったのですがお店は出ていませんで残念でした。

今年もあと3回は浴衣を着て出かけたいです。

浴衣が好きな私は将来浴衣で出社が許可されないかなと希望しています。

そんなことダメですよね(笑)